TERRADA ART AWARD|寺田倉庫が「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」を開催

TERRADA ART AWARD|新進アーティストの支援を目的とした「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」が1月10日に開催

新進アーティストの支援を目的とした「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」が2024年1月10日(水)から1月28日(日)まで開催される。ここでは、ファイナリスト5組がエントリーした際の展示プランを元に展示を創り上げ、未発表の新作を含む作品を個展形式で発表。会期初日には、最終審査員よりファイナリストへ授与する各審査員賞を発表する。

アーティストが活躍できる社会を紡ぐとともに、これからのアート業界を牽引する可能性を秘めたファイナリストが、その存在意義を確立できるようキャリア支援を行う本展。アーティストが自分自身、そして日本のアートシーンの前例を超え、世界に羽ばたく存在となることを目指す。

ファイナリストのうちの一人、金光男氏は、蝋で作った赤いカヌーが時間とともにゆっくりと溶けて崩れていくインスタレーションと、蝋で作った平面作品を展示する。現在世界で起こっている戦争のニュースを見て、母や祖父母の話を思い出したという同氏。今回の展示では、沈みゆくカヌー、別れ、イデオロギーの分裂、そして新しい世界への旅立ちや平和と平穏への希望を表現している。

金光男氏の展示

Artwork by Mitsuo Kim, Photo by Yusuke Suzuki (USKfoto)

また、「視点の転換」について着目した冨安由真氏は、マジックミラーを設置した空間にモニタリングカメラを設置した展示を公開する。例えば自己の視点と他者の視点、あるいは次元を超えて複数に重なる自己の視点など、複数の視点の切り替えによって次元を行き来するかのような奇妙な感覚を表現。照明のプログラミングによって、見える対象が強制的に移り変わることで、「見る」ことと「見える」ことという概念への揺さぶりを行う。

冨安由真氏の展示

Artwork by Yuma Tomiyasu, Photo by Yusuke Suzuki (USKfoto)

「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」 会期: 2024年1月10日(水)~2024 年1月28日(日) ※会期中無休 ※1月10日(水)は招待者のみ入場可能 会場: 寺田倉庫 G3-6F 住所: 東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫 G 号 時間: 11:00~18:00(最終入館 17:30) 入場料: 無料 ※予約不要

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.38

QUOTATION FASHION ISSUE vol.38

地下室の浪漫的亡命者、宮下貴裕
意中の女性を大いに語る。

独占取材 UNDERCOVER
観念の超現実主義者、高橋 盾が明かすイズムの進行形

The Review:
AW 2023-24 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

2023年7月21日(金)発売
B5変型サイズ / 総頁290ページ
¥2,700+tax

CTR IMG