丸の内映画祭|東京国際映画祭とコラボレーションした「丸の内映画祭」が初開催

丸の内映画祭|アジア最大級の国際映画祭「東京国際映画祭」とコラボレーションした「丸の内映画祭」が初開催

「東京から映画の可能性を発信し、多様な世界との交流に貢献する」ことをミッションに、毎年10月に開催している映画祭「東京国際映画祭」と、総合不動産デベロッパーの三菱地所株式会社が提携。多様な人々が集まる東京・丸の内にて、「丸の内映画祭」を2023年10月28日(土)から10月30日(月)に初開催する。

東京国際映画祭に来場するゲストにフォーカスして、深く紹介する「特集」と、日本映画監督が独自の視点から映画の楽しみ方を拡げる「日本映画企画」の二本立て構成。第一回目の開催となる今回は、東京国際映画祭にコンペティション部門の審査員長として来日するドイツの名匠、ヴィム・ヴェンダース監督を特集する。

ヴィム・ヴェンダース監督

©Peter Lindbergh

併せて上映するのは、1983年に当時の東京を映し出したドキュメンタリー映画「東京画」、滅亡の危機に瀕した世界を描いたSF大作「夢の涯てまでも」、映画誕生100年を記念して制作された、映画愛溢れる一作「リスボン物語」、2009年に急逝した天才舞踏家ピナ・バウシュの生きた軌跡を、20年来の友人であるヴェンダース監督が捉えたドキュメンタリー「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」の計4本。

「東京画」2Kレストア版 1985年/西ドイツ・アメリカ/カラー/92分

© Wim Wenders Stiftung 2014

また、日本映画監督としては、リアルな恋愛を映し出す作品が支持される今泉力哉監督が創作秘話を告白するプログラムを実施。今泉監督が手がけた映画「ちひろさん」をはじめ、「ハッシュ!」や「裸足で鳴らしてみせろ」など、国内外から高い評価を受けている3作品を上映する。

「ちひろさん」2023年/カラー/131分

©2023 Asmik Ace, Inc. ©安田弘之(秋田書店)2014

「ハッシュ!」2001年/カラー/135分

丸の内映画祭 会期:2023年10月28日(土)〜10月30日(月) 会場:丸ビル7階丸ビルホール 住所:東京都千代田区丸の内2丁目4−1 丸ビル 時間:12:00〜21:00 WEB:https://www.marunouchi.com/event/detail/36233/

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

The Review:
SS 2024 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

無垢な想像力が空洞化寸前の
消費型コレクションサーキットを扶く

The interview
観たい、訊きたい、知りたい
現代のミステリオーソたち

Gianluca Cantaro
PROTOTYPES
Ludovic de Saint Sernin

CTR IMG