麻布台ヒルズ ギャラリー|アレクサンダー・カルダーの展覧会「カルダー:そよぐ、感じる、日本」

麻布台ヒルズ ギャラリー|東京での展覧会は約35年ぶりとなるアレクサンダー・カルダーの展覧会が開催

Un effet du japonais, 1941. Sheet metal, rod, wire, and paint, 203.2 x 203.2 x 121.9 cm.
Photo courtesy of Calder Foundation, New York / Art Resource, New York
© 2024 Calder Foundation, New York / Artists Rights Society (ARS), New York

東京では約35年ぶりとなるアレクサンダー・カルダーの個展「カルダー:そよぐ、感じる、日本」が、5月30日(木)から9月6日(金)まで、麻布台ヒルズ ギャラリーにて開催される。

本展はアメリカのモダンアートを代表するカルダーの芸術作品における、日本の伝統や美意識との永続的な共鳴をテーマにしている。1930年代から1970年代までの作品約80点で構成され、代表作であるモビール、スタビル、スタンディング・モビールから油彩画、ドローイングなど、幅広い作品を鑑賞できる。

Calder with Red Disc and Gong (1940) and Untitled (c. 1940) in his Roxbury studio, 1944. Photograph by Eric Schaal © Life Magazine

「カルダー:そよぐ、感じる、日本」
会期:2024年5月30日(木)〜2024年9月6日(金)
   ※休館日:2024年6月4日(火)、2024円7月2日(火)、2024年8月6日(火)
会場:麻布台ヒルズ ギャラリー
住所:東京都港区虎ノ門 5-8-1 麻布台ヒルズ ガーデンプラザ A MB階
時間:月〜木・日 10:00〜18:00(最終入館 17:30)、金・土・祝前日 10:00〜19:00(最終入館 18:30)
入館料:一般 1,500円(1,300円)、専門・大学生 1,200円(1,000円)、高校生 1,000円(800円)
    ※( )内はウェブからの事前予約料金。
WEB:www.azabudai-hills.com

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

The Review:
SS 2024 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

無垢な想像力が空洞化寸前の
消費型コレクションサーキットを扶く

The interview
観たい、訊きたい、知りたい
現代のミステリオーソたち

Gianluca Cantaro
PROTOTYPES
Ludovic de Saint Sernin

CTR IMG