KOMIYAMA TOKYO G|Cali Dewitt 個展「Unchained Malady」

KOMIYAMA TOKYO G|LAのDIYアートシーンを牽引するCali Dewittが、新体系のグラフィックシリーズを発表

アーティストCali Dewittの個展「Unchained Malady」が、4月19日(金)から4月28日(日)まで、小宮山書店が運営するギャラリーKOMIYAMA TOKYO Gにて開催される。

本展では小宮山書店・フェティッシュコーナーのコレクターでもあるCali Dewittが、ラバーマスクのモチーフとともに、興奮を掻き立てる新体系のグラフィックシリーズを発表。エルヴィス・プレスリーの名曲になぞらえた展示名「解き放たれた弊害」をテーマに、快楽の自由と生へのエネルギーを放つキャンバス作品が展示・販売される。
ここで描かれるラバーマスクのモチーフは、人々が過剰な清潔さや人生の正解を渇望し、一晩で”自分の本当の人生”が始まることを待ち望む短絡的なウェルネス(健康)意識へのアンチテーゼとして誕生した。「ありのままの自分を受け入れる」という言葉とちぐはぐに並置されるマスクは、ラバーという第三の皮膚をまとうことによって、逆説的な解釈と倒錯への愛として表現しているという。

また本展の開催にあたり、小宮山書店・中3階では「モダン・プリミティブ」展を実施。 90年代『BURST』のバックナンバーをはじめ、写真家・Charles Gatewood氏の書籍のほか、Cali DewittがLAで集めたヴィンテージポルノ映画ポスターなどが展示販売される。

Cali Dewitt プロフィール:
米国・LA在住のアーティスト。LAのアンダーグラウンドカルチャーを背景に、音楽レーベルからグラフィック、ZINE、アパレル等を展開。IceageやLust For Youthといったインディーズバンドからラッパー・Kanye Westのマーチャンタイズまで幅広く作品を手掛ける。2021年からは、Readymadeの創設者・細川雄太氏とともにファッションブランド「Saint Mxxxxxx」を設立。一通りでは語れないボーダーレスな表現で、自身のリアリティを持った気鋭な表現を続ける。

「Unchained Malady」
会期:2024年4月19日(金)〜4月28日(日)
会場:KOMIYAMA TOKYO G
住所:東京都千代田区神田小川町3-20-4第2龍名館ビル1F D
時間:12:00〜18:30 (日曜は17:30まで)
WEB:https://www.komiyamatokyo-g.com/

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

The Review:
SS 2024 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

無垢な想像力が空洞化寸前の
消費型コレクションサーキットを扶く

The interview
観たい、訊きたい、知りたい
現代のミステリオーソたち

Gianluca Cantaro
PROTOTYPES
Ludovic de Saint Sernin

CTR IMG