京都国立近代美術館|MoMAK Films 2024「逃走者たち―1980年アメリカ映画特集」

京都国立近代美術館|定期上映会「MoMAK Films」にて1980年アメリカ映画上映

『タイムズ・スクエア』 Studiocanal/Tamasa Distribution

国立映画アーカイブ(NFAJ)と協力し、NFAJ所蔵の映画コレクションの京都での継続的上映を目指したフィルム・プロジェクトを2007年度から開催している京都国立近代美術館。2009年度から、定期上映会「MoMAK Films」を開始し、NFAJが所蔵する約8万本におよぶ内外の名作映画の貴重なコレクションを上映している。

本年もNFAJが所蔵する膨大なコレクションを中心に、美術館と映画という視点で展覧会活動とも関連した様々なプログラムを予定。5月25日(土)・26日(日)には、1980年のアメリカ映画『タイムズ・スクエア』と『スタントマン』が京都国立近代美術館にて上映される。

上映会URL:https://www.momak.go.jp/Japanese/films/2024/momakfilms01.html

国立映画アーカイブ所蔵作品選集 MoMAK Films 2024
逃走者たち―1980年アメリカ映画特集

『タイムズ・スクエア』Times Square
1980年(EMIフィルムズ/ロバート・スティグウッド・オーガニゼーション)111分・35mm・カラー・日本語字幕付き

『タイムズ・スクエア』 Studiocanal/Tamasa Distribution

精神病棟で偶然出会った二人の少女が病院を抜け出し、NYで二人だけの生活を始める。ラジオ番組DJがこの事態に注目し番組で取り上げたことで、次第に街中を巻き込む騒動となっていく。音楽に生きる少女を主人公に、自分勝手な大人たちへの反抗を描くティーンムービー。ロキシー・ミュージックなど1970年代のバンドの音楽に彩られた音楽映画としても楽しめる。のちに『エンパイア・レコード』(1995)を監督するアラン・モイルの長篇第2作。

『スタントマン』The Stunt Man
1980年(メルヴィン・サイモン・プロダクションズ)131分・35㎜・カラー・日本語字幕付き

『スタントマン』 Mercury Films

警察に追われる身のキャメロンは、戦争映画の撮影現場に遭遇。監督イーライの目に留まり、スタントマンとして雇われる。映画作りのためには犠牲を厭わないイーライの過激な演出に応え、キャメロンはスタントマンとして成長していくが……。ピーター・オトゥール演じる監督の狂気、弾薬をふんだんに使った激しいアクション、幾度も繰り返される印象的な音楽など、一貫して異様なテンションが支配する怪作にして、『フリービーとビーン大乱戦』(1974)などでも知られるリチャード・ラッシュ監督の代表作。

「逃走者たち―1980年アメリカ映画特集」
会期:2024年5月25日(土)・5月26日(日)
会場:京都国立近代美術館
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26−1
時間:5月25日 11時『スタントマン』、14時『タイムズ・スクエア』/5月26日 11時『タイムズ・スクエア』、14時『スタントマン』
開場:上映30分前
料金:1プログラム 520円(オンラインチケット)
WEB:https://www.e-tix.jp/momak_films/

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

The Review:
SS 2024 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

無垢な想像力が空洞化寸前の
消費型コレクションサーキットを扶く

The interview
観たい、訊きたい、知りたい
現代のミステリオーソたち

Gianluca Cantaro
PROTOTYPES
Ludovic de Saint Sernin

CTR IMG