teamLab|異なる時空が交差する場。チームラボ × 殿堂入りサウナの常設展が九州で開催中

teamLab|サウナとアートの常設展「チームラボ 廃墟と遺跡:淋汗茶の湯 – ジーシー」が、九州・御船山楽園で開催中

チームラボ《廃墟の湯屋にあるメガリス》©チームラボ

集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索しているアート集団チームラボ。アーティスト、プログラマー、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成され、世界各国で作品空間を創造し続けている。そんなチームラボと、「今行くべき全国のサウナ」ランキングで”殿堂入りサウナ”となっている御船山楽園ホテル「らかんの湯」がコラボレーション。サウナとアートの常設展「チームラボ 廃墟と遺跡:淋汗茶の湯 – ジーシー」が、九州・御船山楽園にて開催中。

チームラボ《廃墟の湯屋のフラワーズボミング》©チームラボ  ※《廃墟の湯屋のフラワーズボミング》は、日没後から体験可能

300万年前に有明海から隆起して生まれたと言われる御船山には、樹齢3000年の神木や、歴史ある洞窟などさまざまな遺跡が点在している。また、その中には時代の移り変わりによって使われなくなった廃墟も同時に残されている。本展では、そんな歴史ある森の中のサウナで感覚を研ぎ澄ました後、リラックス効果を高める「月茶」を飲み、森の中の廃墟のアート空間に没入するといった新感覚の体験を提供する。チケットは、アート・サウナ・茶の新しい体験ができる「らかんの湯」日帰り入浴と、チームラボの廃墟のアート群を見学できるセットチケットが販売中。そのほか、入浴せずに作品だけを鑑賞できるチケットも用意する。

また、御船山楽園ホテルのロビーでは、ランプの作品「呼応するランプの森とスパイラル」が11月末まで紅葉色に染まっており、季節とともに移ろい変わることが特徴のチームラボの作品空間を体感できる。12月からは冬の装いに変わる予定で、その時々によって違った表情の作品を楽しめる。

チームラボ《呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク、山の紅葉》©チームラボ

さらに、12月3日(日)までは紅葉祭りも開催中。庭園の紅葉が一斉にライトアップされ、その中には樹齢100年近い木々もあるという。現地に行く際は、日本最大級と言われるこのライトアップも必見だ。

御船山楽園の紅葉まつりは12月3日(日)まで。夜の紅葉ライトアップは日本最大級。

御船山楽園の紅葉まつりは12月3日(日)まで。夜の紅葉ライトアップは日本最大級。

チームラボ 廃墟と遺跡:淋汗茶の湯 – ジーシー 九州 会期:常設(展示内容が変わる可能性有り) 会場:御船山楽園 住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100 時間:11:00〜22:00(最終入場は21:30まで) 休み:1月2日、1月3日、1月4日 公式サイト:https:/teamlab.art/jp/e/mifuneyamarakuen-sauna/

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

The Review:
SS 2024 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

無垢な想像力が空洞化寸前の
消費型コレクションサーキットを扶く

The interview
観たい、訊きたい、知りたい
現代のミステリオーソたち

Gianluca Cantaro
PROTOTYPES
Ludovic de Saint Sernin

CTR IMG