NIKE|アスリートの夢が現実に。ナイキのA.I.Rプロジェクトが見せるAirの無限の可能性

NIKE|13人の世界最高峰アスリートとのコラボレーション。エアの新しい可能性を感じさせるコレクションが誕生

A.I.R.:アスリートに着想を得た変革
13のプロトタイプ

ナイキが、最先端のデザインツールとトップクラスのクリエイティブなスタッフ、そして13人の世界最高峰アスリートからなるチームを結成。制約をつけず、未来の可能性を描くプロダクトを構想するプロジェクトに挑戦した。
このプロジェクトを実現するにあたり、ナイキはルールを一つだけ設定した。それはランニング、フットボール、バスケットボール、テニスの分野で活躍する13人のアスリートが、それぞれのビジョンの中心にナイキを象徴するイノベーションであるナイキ エアを据えること。その結果、エアの新しい壮大な可能性を感じさせる13の大胆なフットウェア コンセプトからなるコレクションが 誕生した。

シャカリ・リチャードソン
自信、不屈、そして優美という3つの重要な特性を体現

このプロジェクトは「A.I.R.(Athlete Imagined Revolution)」と名付けられた。A.I.R.のプロセスは2つのフェーズから構成されている。

1つめのフェーズは「情報を得てインスパイアする」。このプロジェクトの最初のステップは、アスリートの声に耳を傾け、アスリートの真実を知ること。チームは、生成AIや、数式や処理を組み合わせるプロシージャル ツールを活用した高速成形により、アスリートひとりあたり数百ものイメージを作成し、デザインプロセスをスタート。候補となる何百ものシューズの形を検討しながら、各チームはコンセプトを3つに絞り込み、アスリートとともにデザインをさらに磨き上げた。

ヴィニシウス・ジュニオール
洗練されたデザインと反発性のあるエア ユニット入りのソール

2つめのフェーズは「想像し、構築する」。生成AIを用いて想像を膨らませた後、そのイメージをさまざまなデザイン手法を活用して13のフットウェアデザインへと展開させた。そのプロセスは、手描きスケッチなどの伝統的なデザイン手法に加え、没入型3Dスケッチやコンピュテーショナルデザインなど。高速プロトタイピングの使用では改善が見込める微妙な欠陥が分かり、以前は数週間かかっていたサンプルを数時間で作ることができるようになるなど、ナイキが駆使するあらゆる高機能ツールの取り入れにより、ザインが2Dから3Dになるまでの時間は、かつてない短さになった。

ディナ・アッシャー=スミス
洗練されたハイファッションをインスピレーションにした、機能性と 美しさの両方を追求

ナイキのチーフ イノベーション オフィサーのジョン・ホークは、次のように話している。
「ナイキのデザイナーがアスリートとの関係に基づいて創造できるスピードと正確さはこれまでにないもので驚きを感じます。そのすべてが新しいテクノロジーによって増強されており、イノベーションのスーパーサイクルが始まっています。」

問い合わせ:「NIKE カスタマーサービス」
TEL:0120-6453-77
WEB:nike.jp

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

The Review:
SS 2024 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

無垢な想像力が空洞化寸前の
消費型コレクションサーキットを扶く

The interview
観たい、訊きたい、知りたい
現代のミステリオーソたち

Gianluca Cantaro
PROTOTYPES
Ludovic de Saint Sernin

CTR IMG