BALLET TheNewClassic|クラシックバレエを新たな領域へ。衣装は「チカ キサダ」が担う

BALLET TheNewClassic|第二弾の全プログラム&キャストが発表。クラウドファンディング限定チケットも発売開始

Photo: Courtesy of Chika Kisada

新たなバレエの魅力を提案するプロジェクト「BALLET TheNewClassic(以下: BTNC)」。その第2回目となる公演が2024年夏、新国立劇場にて開催される。その衣装を手掛けたのが、ファッションブランド「チカ キサダ」のデザイナー、幾左田 千佳。古い衣装を幾左田の脳内(イメージ)手と(アップサイクル)を掛け合わせ、新たな衣装となって生まれ変える。

12名のバレエダンサーが踊るのは、全8プログラム。シェイクスピアの戯曲によるバレエ『ロミオとジュリエット』を『ロミオとロミオ』と変換。現代版として本公演の舞踊監修を務める堀内將平が”許されない恋”を再解釈している。 

また、ベルリンを拠点に活躍する振付家Craig Davidsonが振付をする小品や、ロンドンで活躍する振付家Jason Kittelbergerの参加も予定されるなど、コンテンポラリーな作品群も見所の一つ。

名作『白鳥の湖』は、通常は女性ダンサーが踊る場面やソロを本公演では男性ダンサーが踊ることで、ジェンダーを超えた美を追求するBTNCならではの演出となっている。

出演者12名が総出演する『ショパン組曲』は、「バレエ・ブラン(白いバレエ)」にて構成。「レ・シル フィード」に着想を得たBTNCの「白のバレエ」も堪能できる。

Photo: Courtesy of Chika Kisada

BALLET TheNewClassic

「BALLET TheNewClassic (バレエ ザニュークラシック)」は、写真家の井上ユミコと、バレエダンサーの堀内將平によって立ち上げられたバレエ公演。「New Classic=新しい定番」を意味し、伝統と革新によって築かれてきた「バレエ」を、現代ならではの解釈で表現することを目的としている。井上と堀内によって2020年に始まったこのプロジェクトは、ダンス、ファッション、アートというジャンルの垣根を越えた アーティストが集結し、舞台というキャンバスの上で新しい定番を提案している。

公式サイト:https://www.balletthenewclassic.com/

「チカ キサダ」プロフィール

バレエのエレガンス、パンクの生命力。その儚さと強さ、相反するイメージの融合から生まれる「強いエレガンス」がコンセプト。仕草や動きにともなって漂う人間の美しさの移ろいと存在感を追求したシグネ チャーライン。都市で生き、動き続ける、新しい上質さを求める女性たちのための服。 

BALLET TheNewClassic 2024

会期:2024年8月2日(金) 15:00 開演 / 19:00

開演 2024年8月3日(土) 12:30 開演 / 16:30 開演 

会場:新国立劇場 中劇場

住所:東京都渋谷区本町1丁目1番1号

入場予定:1公演 約950名 (全公演計 約3,800名)

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

The Review:
SS 2024 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

無垢な想像力が空洞化寸前の
消費型コレクションサーキットを扶く

The interview
観たい、訊きたい、知りたい
現代のミステリオーソたち

Gianluca Cantaro
PROTOTYPES
Ludovic de Saint Sernin

CTR IMG