SHISEIDO|伊吹山の自然再生を目指した「蘇湯 SOYU」が誕生

SHISEIDO|伊吹山の自然再生を目指した入浴用ボタニカル「蘇湯 SOYU」が誕生

滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山は、日本百名山にも選ばれる霊峰であり、1300種の植物や280種の薬草が育まれてきた豊かな風土と歴史を持つ。しかし近年、野生動物による食害や地崩れによってその自然が危機に直面しているという。

その現状を打破すべく、資生堂クリエイティブ株式会社などをはじめとする様々な有志によって「蘇湯」プロジェクトチームが発足された。伊吹山の自然回復を願う協働プロジェクトとして、各社や団体それぞれが技術や知見を集結させながら連携していく。

今回このプロジェクトの第一弾として、地域固有の湯文化に着目した入浴用ボタニカル「蘇湯 SOYU」が誕生。伊吹山の貴重な植物を古来原草と名づけ、その未利用素材を生かして製作された。プロダクト名にある「蘇」という文字は、伊吹山が本来持っている豊かな風土と自然環境を取り戻したいという願いと、ストレス社会に生きる人々に改めて自然の尊さや日本らしさ、心地よい時間を過ごす大切さを感じて欲しい、という想いが込められた。まさに地球にも人にも優しいプロダクトとなっている。

お湯を張ったバスタブに入れて使用するこの入浴用ボタニカルは、クラウドファンディングサイト「READYFOR」でスタートしたこのプロジェクトのリターンとして設定されている。薬草湯の認知を広げ、生産と消費の新しい循環を生み出すことで、伊吹山の自然を蘇らせる活力にしたい狙いだ。

READY FOR「蘇湯 SOYU」紹介ページ:https://readyfor.jp/projects/soyu/ 資生堂クリエイティブ株式会社 公式サイト:https://www.shiseidocreative.com/

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

The Review:
SS 2024 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

無垢な想像力が空洞化寸前の
消費型コレクションサーキットを扶く

The interview
観たい、訊きたい、知りたい
現代のミステリオーソたち

Gianluca Cantaro
PROTOTYPES
Ludovic de Saint Sernin

CTR IMG