Van Cleef & Arpels|「ヴァン クリーフ&アーペル」フルーレット コレクションより新作を発表

Van Cleef & Arpels|「ヴァン クリーフ&アーペル」が創造の歴史を継承するフルーレット コレクションの新作を発表。その歴史上初となるダイヤモンドにローズゴールドを組み合わせた伝統と革新を重ねた永遠のエレガンス

©Van Cleef & Arpels

「ヴァン クリーフ&アーペル」は、フルーレット コレクションの歴史上初のダイヤモンドにローズゴールドを組み合わせた新作を発表。フルーレットはメゾンの豊かな創造の歴史を礎にして生まれたコレクション。石のラウンドカットダイヤモンドが、繊細な花冠のモチーフを形作りながら輝きを放つ。本作は、ローズゴールドの柔らかい温もりとダイヤモンドの煌めきが一つに溶け合わさり、フルーレットが装いも新たに現れる。ネックラインや手元、顔周りを照らす4つの新作は、永遠のエレガンスを湛え、そのシルエットを美しく引き立てる。

©Van Cleef & Arpels

ローズゴールドとダイヤモンドが奏でる光のハーモニーが、花々のペンダントに優美に広がり、ネックラインを明るく照らす。ネックレスには5つのモチーフがあしらわれ、作品はまばゆい輝きに包まれる。新作のローズゴールド フルーレット リングには、2022年にホワイトゴールドの作品のために新たにデザインされた台座を採用。その先端の形状から「クラバット」と称される幅の広いアーム部分には、下に向かって次第に小さくなるようダイヤモンドがセットされている。それにより、花冠が浮かんでいるかのような印象を生み、その仕草に寄り添い、エレガンスを体現させている。イヤリングも同様に、顔の両側で輝くばかりの花を咲かせている。

セッティングの仕上げ ©Van Cleef & Arpels

やすりによる研磨作業 ©Van Cleef & Arpels

ジュエリーをファインアートに昇華させる「ヴァン クリーフ&アーペル」の卓越性

「ヴァン クリーフ&アーペル」に受け継がれるホワイトジュエリーの伝統に則り、ダイヤモンドの輝きを最大限に高める匠の技を発揮するために、メゾンはジュエリーとハイジュエリーのいずれにおいても最高品質のダイヤモンドを厳選している。「ヴァン クリーフ&アーペル」の宝石鑑定士は、カラーはDEF、クラリティはIF~VVS2という基準に適う石のみを選別。フルーレットモチーフは、ダイヤモンドの美しさに拘ってきたメゾンの歴史を映し出すものであり、調和の取れたアンサンブルを生み出すことができるよう、それぞれの石は他の石と組み合わされる前に、厳しい品質管理を受ける。

ジュエリーの組立作業 ©Van Cleef & Arpels

石の位置を確認しながらセットする作業 ©Van Cleef & Arpels

職人たちは、各々の専門技術を結集して、フルーレット コレクションの各作品に繊細な美しさと輝きを授ける。宝飾職人は、ハイジュエリー作品の制作時と同様の細心の注意を払いながら、伝統的なオープンワークの技法を駆使する。巧みに透かし彫りがなされたベゼルは、ラウンドカット ダイヤモンドに光を通し、その輝きを増幅させます。ビーズとプロングをV字型に組み合わせたごく控えめなセッティングにより、それぞれの石は寄り添うように隣り合い、その輝きを何物にも遮られることなく一体となって、燦然と煌めく。最後に研磨の工程を経て、壮麗な作品が完成する。

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

QUOTATION FASHION ISSUE vol.39

The Review:
SS 2024 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

無垢な想像力が空洞化寸前の
消費型コレクションサーキットを扶く

The interview
観たい、訊きたい、知りたい
現代のミステリオーソたち

Gianluca Cantaro
PROTOTYPES
Ludovic de Saint Sernin

CTR IMG