LOEWE|パースペクティブはパフォーマティブな造作へ。メンズコレクションの2024年春夏を公開

LOEWE|パースペクティブはパフォーマティブな造作へ。デヴィッド・シムズが個を引き出す仕草を繊細で大胆に、単純で複雑に切り取る

Photo: David Sims

人の視点にフォーカスし、物質の見え方そのものを問い質す「ロエベ」2024年春夏のメンズ。キャンペーンでは、その視点を無造作に捉えたパフォーマティブな所作に着目。俳優、ジェイミー・ドーナンとミュージシャンのオマー・アポロを迎え、各々の瞬間的な身体表現を切り取っている。

Photo: David Sims

写真家、デヴィッド・シムズは、人の潜在的な感覚や表情を浮き彫りにさせ、生々しさとリアリティーが混在する世界を映し出すアプローチを続けているが、今回は、2024年春夏メンズのシルエットを浮き上がらせるような動きに個を見出そうと試みている。

Photo: David Sims

ジェイミーは、思いを馳せ、耽りながらもそれが存在感を引き立てる。まるでオーディションかスクリーンテストをするかのように、何の特徴もない空間でくたびれた革の椅子に もたれ、壁によりかかり、アトリエのような空間に置かれた脚立に座る。

Photo: David Sims

他方、オマーは、クロムメッキのマイクを手に電球で照らされた円形のステージで パフォーマンスをしたり、煌びやかな空間に入っていく様子切り取られている。 その表情は情熱的で、まるで時間が止まっているかのよう。

Photo: David Sims

感情の親密なやり取り、 そしてパフォーマンスの持つ生のエネルギーが伝わる。ジェイミーとオマーが装うレザー、ニット、グリッターのウエアは、奇妙な普通さによってそのテクスチャーをより明らかにさせている。

Photo: David Sims

「ロエベ」のクリエーティブディレクター、ジョナサン・アンダーソンは物質主義に還元し、パースペクティブの探究を続けてきた。来たる1月20日、新作となる2024-25年秋冬が発表される。それはどんな世界をどのような眼差しで、見ているのか。今最も人と服の間を丁寧に営む作り手の新作が見逃せない。

>QUOTATION FASHION ISSUE vol.38

QUOTATION FASHION ISSUE vol.38

地下室の浪漫的亡命者、宮下貴裕
意中の女性を大いに語る。

独占取材 UNDERCOVER
観念の超現実主義者、高橋 盾が明かすイズムの進行形

The Review:
AW 2023-24 WOMENS / MENS
PARIS MILAN LONDON NY TOKYO
COLLECTION

2023年7月21日(金)発売
B5変型サイズ / 総頁290ページ
¥2,700+tax

CTR IMG